トランスポーター


キミ、泣いてんのか?
by clock-work-apple
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:スポーツ( 3 )


忘れられない暑い夏

熱戦が続いた第87回高校野球選手権は、駒大苫小牧高校の57年ぶりの2連覇と言う快挙で幕を閉じた。

勝利、それ以外は何も求めずに白球を追い続ける彼らが起こすドラマには、毎年感動させられる。勝者も敗者も、共に称賛を送りたい。

もともと高校野球は好きでよく見ていたが、その中でも最も印象に残っている年がある。

1998年夏、80回を記念する大会の舞台は一人の男のために用意されていた。

その男の名は、横浜高校エース松坂大輔。

春の選抜で見事優勝を果たし全国にその名をとどろかせた松坂は、春夏連覇と言う更なる偉業達成のために夏の甲子園に戻ってきた。

一回戦を順当に勝ち上がった横浜は二回戦で、一回戦で見事ノーヒット・ノーランを達成した杉内俊哉(現 ソフトバンク)擁する鹿児島実業と対戦。苦戦が予想されたが松坂のホームランなどで圧倒し、終わってみれば6対0の完勝だった。

そして三回戦も勝ち上がった横浜は続く準々決勝で、歴史的な名勝負を繰り広げることになる。

相手は西の横綱、PL学園。まさにがっぷり四つの展開となった。

9回でも決着はつかず、勝負は延長戦へ。
ドラマはここからだった。
11回表、横浜が勝ち越すもその裏PLがすかさず追いつく。
さらに16回表、もう一度横浜が勝ち越すもその裏PLが執念で追いつく。
互いの意地と意地がぶつかり、目が離せない。

そして17回表、伏兵常盤のホームランでまたも横浜が勝ち越し。
このとき松坂の頬を涙がつたった。
その裏、松坂は執念でPLをねじ伏せ、250球という脅威の完投劇を演じた。

しかし、その代償はあまりに大きかった。
続く準決勝、明徳義塾戦。松坂はマウンドにはいなかった。
死闘の疲れは癒えず、レフトでの出場となった。

試合は明徳ペースで動く。控え投手が打ち込まれ、松坂の頭上を何度も打球が飛んだ。
8回の表を終えて6対0、明徳リード。誰もが横浜の敗戦を悟った。

しかし、甲子園の女神は松坂に微笑んでいた。

その裏、横浜は4点を返し、反撃ムードが出てくる。
そのムードの中、9回表のマウンドに松坂が上がった。
前日の疲れが嘘のように150キロ近い速球を連発し、0点に抑える。

流れは完全に横浜にきていた。

その裏、3点をとった横浜高校は、連日の奇跡的な勝利をおさめた。

そして決勝戦。対京都成章。

松坂が春夏連覇のフィナーレに用意したのは、決勝戦ノーヒット・ノーランという前人未到の快挙だった。

この年、間違いなく甲子園は松坂のものだった。

甲子園の女神までも愛さずにいられない一人の野球小僧によって、1998年の夏は忘れられない、最も印象的な夏となった。
[PR]

by clock-work-apple | 2005-08-22 03:55 | スポーツ

桜は散らない

PRIDE ミドル級グランプリ1回戦」
ついに始まりました!格闘技の世界選手権。みどころがいっぱいなんですが、
その中でも僕が注目していたのはやはり桜庭選手です!!!

桜庭和志、彼は僕を格闘技の世界へと誘ってくれた張本人なのです。
彼と出会ったのは4年前でしょうか。偶然テレビの深夜放送で観た彼の試合に、
僕は魅了されました。彼にとってこの試合はヴァンダレイ・シウバ選手に敗れて
からの復帰戦でした。その試合で、彼は序盤の劣勢をみごとはねのけ、逆転で
勝利を飾ったのです。

その試合を観て以来、僕は桜庭選手のファンになりました。

そんな桜庭選手ですが、シウバ戦に連敗した後、度重なるケガの影響もあって
思うような結果を残せませんでした。
昨年の男祭りもケガのため欠場し、今大会が約10ヶ月ぶりの実戦復帰でした。

相手はユン・ドンシク。韓国柔道界無冠の帝王と言われる男です。
しかも日本人キラー。桜庭やばいかも・・・っておもってました。

が、ふたを開ければ秒殺KO!!強い桜庭が戻ってきました!
ほんとにうれしかった。やっぱり彼はヒーローです。

ファンを大切にして、ファンを楽しませて、そして勝つ!
この調子で打倒シウバ、そしてGP制覇を達成してほしいです!

桜庭選手、がんばってください!!!



[PR]

by clock-work-apple | 2005-04-26 01:25 | スポーツ

好発進

北朝鮮戦見ました!?
出かけてて後半から見たんやけど、すごい試合やった!
ジーコこんな試合ばっかやと胃に穴あくやろな・・・

まあとにかく勝ってよかった。関西人の自分としては、決勝点を決めたのが
大黒(ガンバ大阪)だというのはうれしいかぎりです。これからもがんばってほしい!

昨日見たえーが:マレーナ
今日見たえーが:耳に残るは君の歌声

ジョニー・デップ、男前やね。
[PR]

by clock-work-apple | 2005-02-09 22:48 | スポーツ