トランスポーター


キミ、泣いてんのか?
by clock-work-apple
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


バトンとやら

おかちゃんからきた「恋愛バトン」やりましょうか。
おかちゃんはかなりネタにしてたけどおれはほんまにふつーにこたえます。
恋愛をネタになんかできんですたい。

では、いきましょーか。

More
[PR]

by clock-work-apple | 2005-09-28 21:14 | 思ったこと

だりー。

バイトちゅーん。最近めっきり昼夜逆転。やべー。学校行けるかな。

暇なのでnewカテゴリ「ひつまぶし」設立。要は暇つぶしです。

何を書くか、それは「既存のストーリーを映像化する際、どういった俳優を起用するか。」をつらつら書くものです。

まあ要は・・・プロデューサー気取りです、はい。

記念すべき一回目は『西遊記』でいこうかと。なんでも来年の月9で香取慎吾主演でドラマ化されるそうな。月9も方向転換ですな。恋愛色なし。

でも香取慎吾って・・・

ごつくね?

キントウン乗れんのかな?スピード落ちそう・・・昔はマチャアキがやったんしょ?だいぶ違うよなー。

まあてなわけで考えていきまっしょい。

まずは三蔵法師。これは昔夏目雅子がやってた役ですな。
個人的には仲間由紀恵とかにやってほしいけど、主役が香取慎吾やしないやろなー。ポジション的に。てなわけで、おれが考える三蔵法師は・・・

長澤まさみ

いかがでしょう。なんかあの衣装似合いそうやん。あとポジション的にもいいんじゃねーかと。
篠原涼子ってのもありえそうやけどねー。

続きまして猪八戒。これは昔西田敏行がやってた役どす。
んー、やっぱりごつくないといかんからなー。あとコミカルな感じ。で、考えたのが・・・

ぐっさん

普通に似合いそう。でもなーこれやと孫悟空と並ぶとごつすぎるな(笑)まあしゃあない。
あと太ってるってことだけ考慮して・・・

HIRO(安田大サーカス)

これはかなり足手まといになる可能性あるけどね・・・だって天竺向かって歩いてる途中で

「座ってええ?」

とか言い出す始末。これは困るな。。。

最後に沙悟浄。これは岸部四郎がかなりはまってたんでかなり難しい。。。
条件としては、でかい、どちらかというと細い、カッパ、の3点か。

うーん、かなり難しい。これかなり考えたんですがひらめきました。これは自信あり。
おれが考える沙悟浄は・・・

山根(アンガールズ)

どうよこれ?もうおれは奴が沙悟浄にしか見えない。カッパっぽいし。ひょろいし。ながいし。

みなさんいかがでしょうか?辛口コメント待ってます。

次回は『ルパン3世』の予定です。
[PR]

by clock-work-apple | 2005-09-23 21:15 | ひつまぶし

だいぶ涼しくなってまいりました。そろそろ秋の到来なのでしょうか。
季節の変わり目は体調を崩しやすいので気をつけましょう。

hazakura-hkからおこられちゃったので実家に帰ってたときのことを少々。
基本的に毎日飲んでました。ごめんよ肝臓。
時には友達と。時には家で。ぜってー太った。くそ。

2週間くらいしかいなっかったんやけど、その間に友達が製作中の映画に出させてもらいました。前から出してくれーってずっと頼んでて、ほんまは時期的な問題もあって話は流れたんやけど、ありがたいことにチョイ役でよかったらってことで出してもらいました。

ほんとにありがたかった。別に主役だろうがチョイ役だろうがおれはそんなんこだわんないし、とにかく真剣に映画に取り組んでる友達の作品に出れるだけでよかった。

セリフがあるわけでもなく、走りまくって最後は主役にめった刺しにされて殺される役だったわけですが(笑)、たぶん作品中ではそんなに時間を占めないシーンやけど撮影は半日かかりました。

やっぱ映画の撮影って大変やわ。

監督っていう生き物はほんまにすごいなって思う。当然ながら映画のイメージってのは監督の頭の中にしかないわけで、撮影を重ねることでそのイメージに近づけていく。
試行錯誤の繰り返し。妥協は許さず、自分の理想の形を追求する。

おれも去年、はじめて脚本書いて主演してショート・フィルム(って言うのも気が引けるくらいしょぼいものだが・・・)つくったけど、その時はこだわりとか全然もてなかったな。

もちろん、自分の中のイメージってのは大切にしてたけど、細部とかには全然こだわれなかった。とにかく完成させたって感じ。

やっぱり映画ってのは監督のものだと思う。
友達いわく、映画ってのは最終的には「画」できまる。そうだ。そこに必要なのは監督のこだわり、世界観、美学、といったところだろうか。それらを一枚の「画」に注ぎ込む。
そしてその「画」が積み重なり映画になる。


訳がわからなくなったきたが言いたいのはやっぱ映画製作に携わりたいってこと。
でもおれは監督は目指さない。「向き、不向き」とか言うのは嫌いだからそういう話じゃないけど、なんて言うか、おれにはこだわりってものがあまりない。そこはおれの短所でもあり、時には長所であったりもする。(個人的な分析だけど・・・)だけど、こだわりをもってる人間は好きだ。尊敬する。おれはその「こだわり」を持つ変わった人々と一緒に映画をつくりたい。しかもとても近い位置で、しかも対等に。

この考えは前からあったけど、再確認。
よく「映画をつくりたい」って言ってて監督志望じゃない自分に自信をもてない時があった。
でも、いいや。おれはおれの考えがあるし。その考えに自信を持とう。
[PR]

by clock-work-apple | 2005-09-22 02:17 | きょうのできごと

遅くなりましたが・・・

先週、東京に戻ってきました。

なかなかブログを書く気になれず、今にいたる。

うーん、今の感じやと後期もなかなか大変そうやなー。

がんばろう。

みんな元気かなー
[PR]

by clock-work-apple | 2005-09-19 00:54 | きょうのできごと