トランスポーター


キミ、泣いてんのか?
by clock-work-apple
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

遅くなりましたが・・・

先週、東京に戻ってきました。

なかなかブログを書く気になれず、今にいたる。

うーん、今の感じやと後期もなかなか大変そうやなー。

がんばろう。

みんな元気かなー
[PR]

# by clock-work-apple | 2005-09-19 00:54 | きょうのできごと

はい

今日から実家に帰ります。でも全然準備してません。めんどい。。。

おそらく家じゃあんまパソコンいじんないんで更新滞ると思われます。

久しぶりにのんびりしてまいります。

みんなお元気で。
[PR]

# by clock-work-apple | 2005-08-29 10:27 | きょうのできごと

めずらしく・・・

CDを2日連続で買いました。CDってあんまり買わないんよね。タワレコをふらついたりするのはめっちゃ好きやけど、買うには至らず。お金ないんです。ええ。
後おれは家であんまり音楽を聴くのが習慣化されてないんよね。家にいる時は静かなほうがよかったりするし。後最近コンポの調子が悪くてCD聴けねーんだわ。せつなか。。。

そんなわたくすが珍しく2日連続でCD買いました。お金ないんやけどもうすぐ実家帰るしいいっかーって感じで。

昨日買ったのが山崎まさよしの「8月のクリスマス
ハン・ソッキュ主演の映画をリメイクした「8月のクリスマス」の主題歌ですわ。
前にテレビでプロモが流れてるんを見て、えー曲やなーって思ってたわけです。
んでタワレコ渋谷店に行ったらありまして。

しかも初回限定版はプロモ+8月のクリスマスの予告編のDVD付きということで。
かなり迷ったけど購入。

いい曲です。まさやん最高。


んで今日はバイト前にタワレコ新宿店に行きまして。そこで購入したんが
c0045968_20431310.jpgOi-skallmates
Evil Taste Six Pint[初回生産限定盤]
これは昨日渋谷店で聴いて「やべー」って思って、めっちゃ買いたかったんやけどまさやんを優先して断念。結局今日買ったけど(笑)まじかっけー。テンションあがる。
この人ら去年学祭来たんやね。見たかったなー。


てな訳で久しぶりに音楽に触れた。でもタワレコ行くと色んなCDほしくなるよね。
いかんいかん。SINGER SONGERも結局買ってないし。

バイトだな。。。
[PR]

# by clock-work-apple | 2005-08-28 20:40 | きょうのできごと

美味しいお酒のススメ

最近めっきり昼夜逆転した生活を送っておりまして。。。
昨日は久しぶりにカラオケでオールしました。
声がラルクのhyde(あってるっけ?)に似てるって言われて調子にのってみたり。

今日も朝まで寝れないんですが、さっき友達がバーテンしてる店で飲んできました。
こんな天気なんで友達とおれの二人。そりゃそーやわ。

いやしかし、気の合うやつと美味しいお酒を飲みながらぐだぐだ話すってのはほんとにいいことですな。お酒が飲めるようになって良かったと思う一瞬でもある。

今日飲んだのは・・・
ヨーグルトオレンジ
マリブオレンジ
カルアミルク

・・・絶対飯食いにいったりとかしたら飲まんようなお酒ばっかですな。てかカクテルってこういう機会じゃないと飲まん。やっぱ夏はビール。うんこれ間違いない。後男だけで行ったらやっすい焼酎。すぐ酔ってまうけど。

まったり飲み最高。
[PR]

# by clock-work-apple | 2005-08-25 23:30 | 思ったこと

忘れられない暑い夏

熱戦が続いた第87回高校野球選手権は、駒大苫小牧高校の57年ぶりの2連覇と言う快挙で幕を閉じた。

勝利、それ以外は何も求めずに白球を追い続ける彼らが起こすドラマには、毎年感動させられる。勝者も敗者も、共に称賛を送りたい。

もともと高校野球は好きでよく見ていたが、その中でも最も印象に残っている年がある。

1998年夏、80回を記念する大会の舞台は一人の男のために用意されていた。

その男の名は、横浜高校エース松坂大輔。

春の選抜で見事優勝を果たし全国にその名をとどろかせた松坂は、春夏連覇と言う更なる偉業達成のために夏の甲子園に戻ってきた。

一回戦を順当に勝ち上がった横浜は二回戦で、一回戦で見事ノーヒット・ノーランを達成した杉内俊哉(現 ソフトバンク)擁する鹿児島実業と対戦。苦戦が予想されたが松坂のホームランなどで圧倒し、終わってみれば6対0の完勝だった。

そして三回戦も勝ち上がった横浜は続く準々決勝で、歴史的な名勝負を繰り広げることになる。

相手は西の横綱、PL学園。まさにがっぷり四つの展開となった。

9回でも決着はつかず、勝負は延長戦へ。
ドラマはここからだった。
11回表、横浜が勝ち越すもその裏PLがすかさず追いつく。
さらに16回表、もう一度横浜が勝ち越すもその裏PLが執念で追いつく。
互いの意地と意地がぶつかり、目が離せない。

そして17回表、伏兵常盤のホームランでまたも横浜が勝ち越し。
このとき松坂の頬を涙がつたった。
その裏、松坂は執念でPLをねじ伏せ、250球という脅威の完投劇を演じた。

しかし、その代償はあまりに大きかった。
続く準決勝、明徳義塾戦。松坂はマウンドにはいなかった。
死闘の疲れは癒えず、レフトでの出場となった。

試合は明徳ペースで動く。控え投手が打ち込まれ、松坂の頭上を何度も打球が飛んだ。
8回の表を終えて6対0、明徳リード。誰もが横浜の敗戦を悟った。

しかし、甲子園の女神は松坂に微笑んでいた。

その裏、横浜は4点を返し、反撃ムードが出てくる。
そのムードの中、9回表のマウンドに松坂が上がった。
前日の疲れが嘘のように150キロ近い速球を連発し、0点に抑える。

流れは完全に横浜にきていた。

その裏、3点をとった横浜高校は、連日の奇跡的な勝利をおさめた。

そして決勝戦。対京都成章。

松坂が春夏連覇のフィナーレに用意したのは、決勝戦ノーヒット・ノーランという前人未到の快挙だった。

この年、間違いなく甲子園は松坂のものだった。

甲子園の女神までも愛さずにいられない一人の野球小僧によって、1998年の夏は忘れられない、最も印象的な夏となった。
[PR]

# by clock-work-apple | 2005-08-22 03:55 | スポーツ

月が綺麗な夜だから。

映画レビュー。ネタばれありー。
c0045968_2312143.jpg


「月とキャベツ」 (1996 日本)
監督 篠原哲雄

出演 山崎まさよし
    真田麻垂美
    ダンカン
    鶴見辰吾

かつてカリスマ的人気を誇ったミュージシャンの花火(山崎まさよし)は、今は意欲をなくして田舎にひっこみ、キャベツを栽培しながらひっそりと暮らしていた。そんな彼の前に、ある日突然ヒバナ(真田麻垂美)と名乗る謎の少女が現れて…。


篠原監督は「昭和歌謡大全集」のファンキーでぶっとんだイメージしかなかったわけですわ。こんなんも撮ってたのですか。
正直、半分もいかないとこでストーリーはよめる。それでもよかった。

花火とヒバナ。名前だけでなく、ふたりは色んなところで「陰と陽」をなしていた。

つかれきった花火と、夏の日差しのように明るいヒバナ。

潔いようにいつも真っ白なワンピースを着ているヒバナ。

そして、花火がやっと前を向いて「生」へと動き出したときに、「死」へとむかっていくヒバナ。

火花は花火がないと輝かない。

花火が鮮やかに輝くほど、その火花は名残惜しく、無常さを感じさせる。

「夏休みはずっと続かないから。」

そういい残し消えていくヒバナはまるで夏を彩るためだけにつくられた花火のヒバナのようだった。

これ以上何を失えば 心は許されるの
どれ程の痛みならば もう一度君に会える

One more time  季節ようつろわないで
One more time  ふざけあった時間よ

くい違う時はいつも  僕が先に折れたね
わがままな性格が  なおさら愛しくさせた

One more chance 記憶に足をとられて
One more chance 次の場所を選べない

いつでも探しているよ どっかに君の姿を

向かいのホーム 路地裏の窓 こんなとこにいるはずもないのに

願いがもしも叶うなら 今すぐ君のもとへ

できないことは もう何もない

全てかけて抱きしめてみせるよ


山崎まさよし 「One more time, One more chance」
[PR]

# by clock-work-apple | 2005-08-20 23:50 | 映画

ふぬけ

バイト中です。

今日は一日家でぐったりしてました。

今週、自分には珍しいくらい忙しくてだるかったんで今日はのんびり。
ひさしぶりにのんびりしたら力が抜けすぎた。なんかだりー。

大学って休み長いよね。なんか寂しくなってみたり。

「月とキャベツ」半分観ました。明日見終わります。

今日は満月がきれいやね。
[PR]

# by clock-work-apple | 2005-08-19 22:39 | きょうのできごと

明日は給料日

でもあんまりお金はいってこーへん。。。せつなか。
吸うたばこの本数が激増してます。家いたら暇あったらすってるね。はは。

村上りゅーの「はじめての夜 二度目の夜 最後の夜」を読んだ。りゅー初体験。
「ワインを2センチ飲んだ」って表現がなんか気に入った。独特。
最近小説読みたい熱が再燃。高校以来。

今、福井晴敏の「Twelve Y.O.」読んでまふ。りゅうーのが基本会話調でさーって読んだからいきなり文章が重厚になって全然すすまん。この人って真保裕一の感じにちょっとにてるね。
まだ最初やけどおもろそう。江戸川乱歩賞とってるし。この賞はほんとにハズレが無いから好き。


話は変わりまして、今日も学園祭のお仕事してまいりました。今日の仕事はイベントへの出演依頼の電話かけ。経験者が自分だけやったから結構かけたなー。やっぱ緊張する。

でも電話してて気付いたけど、バイトのおかげで電話応対がかんなりうまくなっとる。びっくり。
敬語とかすらってでてくるもん。

はじめてこのバイトしてよかったと思いました。
[PR]

# by clock-work-apple | 2005-08-17 00:56 | きょうのできごと

軍がかかえたジレンマ

c0045968_419349.jpg


「クリムゾン・タイド」 (1995 アメリカ)

監督 トニー・スコット

出演 デンゼル・ワシントン
    ジーン・ハックマン
    ヴィゴー・モーテンセン

ロシアの過激な国粋主義者が軍の反乱派勢力と結託し、シベリアの核ミサイル基地を占拠した。歴戦の叩き上げのフランク・ラムジー艦長(ジーン・ハックマン)と、ハーバード大卒のエリートであるロン・ハンター副官(デンゼル・ワシントン)は、核に対する思想で真っ向から対立する。ミサイル発射指令の直前、通信が途中で途切れ、ミサイルの発射か中止か、はっきりしない。即時攻撃を主張するラムジーに対し、ハンターは命令の再確認を強く求める。艦内に異常な緊張が漲り、乗組員たちも激しく揺れる・・・。


第三次世界大戦の危機を描いた映画。いやー、完全に映画にひきこまれました。2時間あっちゅうまやったもん。ストーリーの緊張感がほんとにすげかった。ジェリー・ブラッカイマー製作らしいけど、そんな感じではなかった。昔は色が違ったんやね。

ストーリーは簡単に言うとロシアの反乱軍への攻撃を開始すると報復として核兵器が発射されてしまうため、ぎりぎりまで攻撃を回避しようとする副艦長と即時攻撃を主張する艦長が対立すというもの。ミサイル発射には艦長と副艦長両方の同意が必要という矛盾した規則のため、国の命令に従うか、戦争を回避するかで意見が真っ向から対立した。

舞台が潜水艦っていう密室。それだけでも緊張感は大きいのだが、主演をはった二人の二大演技派俳優によってその緊張感はさらに高まった。

特に秀でていたのはジーン・ハックマン!デンゼル・ワシントンはこのての優等生役ってのは多いからそこまで驚かんかったけどジーン・ハックマン演じるたたきあげの艦長がかもしだす雰囲気はまじ最高。

c0045968_437584.jpg
このおっちゃん。たぶん一回はみたことあるんちゃうんかな。色んな映画にクセのある役ででてはる演技派俳優です。「フレンチ・コネクション」とかが有名かな。
中盤のデンゼル・ワシントンとのやりとりは観てるこっちがほんま潜水艦の中にいるかのようなピリピリした空気でした。すげーなー、日本にはこんな役者おらんよなー。

上にも書いたけど、この映画では艦長と副艦長の両方の同意が必要という規則のために命令絶対の軍隊で意見が割れるという矛盾がおきてしまった。アメリカの軍隊は民主主義を守るために戦うけど、軍隊の中には民主主義はないんだと。なんやそれ。

どちらかが正しいわけではなく、二人とも正しかったし、二人とも間違っていたのだ。
ただの潜水艦アクションではなく、そういったジレンマや隊員の心の動きとかそういうのがほんとにリアルに描かれた深い(?)映画でした。あー、ねみー。
[PR]

# by clock-work-apple | 2005-08-16 04:45 | 映画

なーつがすーぎーかぜあざみー

今日もバイト。バイトばっか。8月はバイト月間。みんな何してるんかなー。

今日は久しぶりに学祭スタッフの集まりに参加しまして。○ゼミでビラ配りしてきました。
めっちゃめずらしがられました。当然か。しかし何も言わずに受け入れてくれたんでそれは感謝。ちょこちょこ行くようにせねばね。

山崎まさよし主演の「月とキャベツ」かりてきました。はやくみたい。。。

主題歌がよすぎるからなー。
[PR]

# by clock-work-apple | 2005-08-14 22:55 | きょうのできごと